【仙台の原風景を観る、知る。】風の時編集部 公式ブログ

“仙台の原風景を観る、知る。”をテーマに、フリーペーパー「風の時」14刊を発行(2005年5月号~2008年7月号)。仙台の古写真集や藩政期~昭和時代の復刻地図、復刻絵葉書などを企画・発行。 ●風の時編集部 代表 佐藤正実 ●Eメール:info@sendai-city.net ●TEL:022-295-9568 ●〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡3-11-5 A610 ○NPO法人20世紀アーカイブ仙台副理事長 ○3.11オモイデアーカイブ 主宰 ○ジモトアーカイブせんだい 代表理事

センダイ座。七夕ウィーク・プログラムを終えました。

仙台七夕まつりにあわせて開催しました、センダイ座の七夕
ウィークプログラム。8月5日〜8月9日までの5日間、6つの
イベントを行いました。


◆8月5日(日)
◯13:00〜「木版画で暑中見舞いを作ろう」(若生明才さん)
受講生の皆さんは、七夕飾りをモチーフにした下絵を元に、
それぞれにアレンジを加えながら、彫り、摺りを楽しんでいた
だきました。





◯17:30〜18:30「歴女が語る伊達政宗公と史跡
(いそべみゆきさん@武蔵守歴女会)
引き続き17:30から、いそべみゆきさんによる歴女トーク
伊達政宗公と仙台を愛する歴女に、その魅力をたっぷりと
語っていただきました。女性ならではの感じ方、見方、なるほど
と思うことばかり。
歴女がオススメする仙台まち歩き」ぜひ作ってみたいですね。




◆8月6日(月)
◯13:30〜14:30「昔の仙台を語る会」
NPO法人20世紀アーカイブ仙台がお届けする、8ミリ上映会。
昭和時代の仙台の8ミリ映像をご覧いただきながら、懐かしい
想い出話を、たっぷり語っていただきました。



◯18:00〜20:00「阪神・淡路のキロクに学ぶ、3.11を
撮りつづける意味」(阪神・淡路大震災記念 人と防災未来
センター 高森 順子さん)
1995年、17年前に起きた阪神大震災を手記という形で
まとめている「記録しつづける会」の取り組み事例は、先例
として東日本大震災アーカイブ活動の参考になること
ばかり。特に写真を選ぶ、手記をまとめるという、いわゆる
「編集」の段階において、何のために、誰のための震災記録
なのかを考えるという点で、共感いたしました。



◆8月7日(火)
◯18:00〜19:30「七夕ライブ〜願い〜」
(仲野谷 仁さん「自由」ボーカリスト
在仙バンド「自由」ヴォーカリストの 仲野谷 仁(なかのや ひとし)
さんによるアコースティックライブ。『みんながみんな』という
アルバムを聴きながら「3.11キヲクのキロク」の編集をしていた
ので、私にとってはひときわ想いの強いミュージシャンに起こし
いただきました。
「3.11キヲクのキロク」に掲載した1500点の写真を撮った
市民の願い、その気持ちを投影させたような「願い」という楽曲。
初めて生で観た仲野谷さんのライブはとても素晴らしかった!





◆8月9日(木)
◯17:00〜18:00 「海を渡ったサムライ、慶長遣欧使節から
400年。政宗公の野望」(奥州・仙台おもてなし集団 伊達武将隊)
来年は支倉常長が慶長遣欧使節として出帆してから400年。
それを命じた政宗公の野望とは・・・。伊達な3武将(伊達政宗
片倉小十郎支倉常長)によるトークイベントは、当時の時代
背景などを交え、常長出帆の狙いなどを話してもらいました。
(演舞だけでなく、トークも手慣れた感じですごく上手い)





【お店の場所】
仙台市青葉区一番町3丁目8-1 ラベルヴィビル地下
【通常営業日時】
月〜金13:00〜17:00(イベント時は土・日営業あり)
【問い合わせ・申し込み】
Eメール info@sendai-city.org まで
TEL:022-387-0656(または080-7079-4622)