【仙台の原風景を観る、知る。】風の時編集部 公式ブログ

“仙台の原風景を観る、知る。”をテーマに、フリーペーパー「風の時」14刊を発行(2005年5月号~2008年7月号)。仙台の古写真集や藩政期~昭和時代の復刻地図、復刻絵葉書などを企画・発行。 ●風の時編集部 代表 佐藤正実 ●Eメール:info@sendai-city.net ●TEL:022-295-9568 ●〒983-0852 仙台市宮城野区榴岡3-11-5 A610 ○NPO法人20世紀アーカイブ仙台副理事長 ○3.11オモイデアーカイブ 主宰 ○ジモトアーカイブせんだい 代表理事

仙台クロニクル「仙台駅」①

1887(明治20)年12月15日、日本鉄道会社によって現JR東北本線の上野~仙台~塩竈間が開通。仙台駅は、当初、榴ヶ岡に作られる予定だったが、繁華街から遠隔地であるという理由で在仙の有力商人らが反対し、東六番丁の現在地に移された。
1891(明治24)年に上野~青森間が開通。撮影地点の仙台駅正面は、古地図では「裏五番丁」と表記され、現在は青葉通の一部となっている。

f:id:kaze_no_toki:20210113181130j:plain

河北新報夕刊「仙臺クロニクル 古地図と古写真で観る、原風景。」2021年1月19日掲載)